マザリー産科婦人科医院は島根県松江市にある産科婦人科医院です。助産師外来や院内助産システムを積極的に行い、妊娠中から出産、産褥までトータルでサポートいたします。気になる事や心配な事などお気軽にご相談ください

こそけん所長コラム



32. お腹の中からのメッセージ 〜たばこを吸うママ、大嫌い〜

ータバコを吸うママ、大嫌いー
ママがタバコを吸うと、ボク死にそうになるんだよ。
ボクはママの血管から、へその緒を通して酸素や栄養分をもらっているんだけど、ママがタバコを吸うと、ニコチンが胎盤動脈を収縮させて、ボクのところまで酸素が十分に回ってこなくなっちゃうんだ。
それでボクはすごく苦しくなるわけ。
もちろんパパのタバコだって迷惑もんだぜ。
パパからママが間接的に吸っていることになるし、パパが止めずにママだけ止めるように言うのは、ママがかわいそうってもんだよ。

* 南部春生著「赤ちゃんに学ぶ子育て」より抜粋 *

学校でも禁煙教育がされている。
職場でも分煙、禁煙指導がされている。
しかし妊婦さんの話しを聞くと「休憩室では喫煙できるので自分は休憩室で休憩できない」とか「形ばかりの禁煙で上司は平気で喫煙している」とか「男性ばかりの職場で出払っているといいが帰ってくるとみんなが喫煙する」とか「両親 (赤ちゃんにとっては祖父母) は自分の時は大丈夫だったからと非協力的である」など、妊婦を取り巻く環境はまだ良いとは言えない。
喫煙妊婦から生まれた赤ちゃんの尿中に発癌性物質が含まれていたという報告もある。また「乳幼児突然死症候群 (SIDS)」の調査によると発症したケースでは妊娠中から周囲に喫煙者が多いという結果も報告されている。
喫煙は「百害あって一利なし」です。禁煙できない貴方 (貴男)、今度、禁煙外来を受診してみませんか。