マザリー産科婦人科医院は島根県松江市にある産科婦人科医院です。助産師外来や院内助産システムを積極的に行い、妊娠中から出産、産褥までトータルでサポートいたします。気になる事や心配な事などお気軽にご相談ください

こそけん所長コラム



59. 将来の夢 持てますか

4 月から始まった後期高齢者医療制度について色々と不満が出ています。
私もこの制度には「クエッション」だらけです。
さて、視点を変えてみると「75 歳以上になると良いことはない」「長生きしても…」と聞こえます。どこかで同じような話を聞いたことがあります。
そうです。子どもが「大人になりたくない」と思っていると騒がれたことがありました。子ども達が大人の姿を見て、大人になっても夢がない、つまらないと感じているのです。それと同じように見て取れます。
一生懸命働いた、保険もきちんと払った、大病もせず無事に現役を終え、老後はゆったりと 過ごしたいと思っていた。それなのに 75 歳になったらわずかな年金から保険料を天引きされ、歳をとれば病気もしやすいのに医療サービスには制限があり、もらえる年金も少なくなる… どこかおかしいです。
後期高齢者医療制度は、まさに「老人になりたくない」「長生きしても…」と思わせる制度と言えるのではないでしょうか。今の日本は大人になりたくない子どもを作り、老人になりたくない大人を作っているようです。
自分の将来に夢を持たずに、何のために生きているのでしょう。
子どもを産みたくても将来に不安があれば産めません。本来は少子化のための政策だったはずですが、まるで少子化を進める制度になっていませんか。政治家の考えていることが国民には通じていませんよ〜 !
いや政治家に国民の気持ち・実生活が 分かっていな〜い ! ということです。日本の未来を担う子ども達をたくさん育てるためには、大人や老人が生き生きと生活するような 国でなければいけないと思います。
みなさん夢を持って生き生きと生活していますか。自分たちの主張が政治に届かなければ 国は変わりません。誰も変えてくれません。一人一人が真剣にこの国の将来について考えなければ…。