マザリー産科婦人科医院は島根県松江市にある産科婦人科医院です。助産師外来や院内助産システムを積極的に行い、妊娠中から出産、産褥までトータルでサポートいたします。気になる事や心配な事などお気軽にご相談ください

副院長のつぶやき“hot!*ホッと〜”


妊活講演会のお知らせ

公開日 : 2019-03-18 / カテゴリ : その他

安来市の企画です

ミオ・ファティリティ・クリニックの院長先生の講演です

個別相談も受け付けているようです



結婚前の方

まだ相手もいません

という方も

とても参考になるお話しが聴けますよ








近年

女性の身体の課題について

詳しくお話ししてもらえると思います



結婚したら

直ぐ不妊症であると自覚しなさい



見尾先生はおっしゃっています



プレコンセプションケア

大事ですよー



Nursing now キャンペーン

公開日 : 2019-03-16 / カテゴリ : 助産師の専門情報

世界中で看護の力を発揮しようというキャンペーンです





Nursing Now は、看護職への関心を深め、地位を向上することを目的とした世界的なキャンペーンです。世界保健機関 (WHO) と国際看護師協会 (ICN) が連携し、Nursing Now キャンペーン理事が運営しています。ナイチンゲール生誕 200 年となる 2020 年末までキャンペーンを展開します。
看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題への取り組みの中心に立ち、人々の健康向上に貢献するために行動します。

看護職が持つ可能性を最大限に活用し、社会が求める役割を果たし、人々の健康な暮らしに貢献できるよう、一人でも多くの方々に本キャンペーンへのご賛同、ご協力とご支援をお願いしています。


Nursing Now ウェブサイト (英語) には、世界各地の活動やケーススタディが掲載されています。

https://www.nursingnow.org



本の紹介

公開日 : 2019-03-11 / カテゴリ : 子育て

3 月 9 日の

家族でハッピー家のことセミナーで

講師をしてくださった

木本努さん

https://www.kyoto-ienokoto.jp


本を出版されました




私自身

子育て真っ直中は

悩みながら・・・

日々奮闘していましたが



終えてみると

我が子が

社会の一員として

自立し

生計を立てられ

法律を犯すことなく

生活できるようになることと

思っています



木本さんは

子育てを終えたら

子どもを

社会に放流すると

表現されていました




以前

「つぶやき」に登場した

田尻悟郎先生の

お母さんは

子どもは預かりもの

とおっしゃいました



預かって

自立させたら

社会に放流です !




つまり

やがて

大きな社会で

生きていけるために

家庭生活 (小社会) で

社会化トレーニングする



子育ての

一番の目的は

これかな・・・と思います



木本さんの

本は

すばる出版
アマゾン

にて購入できます

木本さんの HP
「NPO 法人 京都いえのこと勉強会」
https://www.kyoto-ienokoto.jp

こちらからも購入できます

第 33 回日本助産学会学術集会 in 福岡

公開日 : 2019-03-05 / カテゴリ : 助産師の専門情報

このところ

ハードなスケジュールの中

助産学会に参加してきました







おばちゃん二人 (爆)

熟女二人です !




日本だけでなく

世界中で活躍している

助産師の熱意を感じました







こちらで懇親会がありました

スパークリング清酒「あわゆら」が美味しかった


日本酒は苦手ですが

シャンパンのようで美味しくいただきました (笑)



歓迎の舞で始まりました


こちらのお店は

結婚式などで使われる

昔の蔵を改装してありました


なかなか

こちらに入る機会は


地元の人でもないそうです

貴重な経験をしました



院内学会・研修報告会

公開日 : 2019-02-28 / カテゴリ : できごと

先月

第 9 回 院内学会・研修報告会を開催しました



今回は

美希ちゃんのお母さんにもお話しをしてもらいました




まずは

院長の挨拶







第一部

演題は 5 題
























第二部

美希ちゃんのお母さんの講演

障がい者・家族が地域社会の中で豊かに暮らしていくためには
〜親の会が担うこととは〜




障がいを持った子どもの親の気持ち

「手をつなぐ育成会」の NPO 法人立ち上げなど

みんな真剣に聴いていました




こそけんの有馬くんも

障がいを持っていますが

こそけんで働き 6 年目

今では

たくさんの仕事を担っています



次は

院長の講義

今年は


女性のライフステージにおける問題点とその対策

産婦人科の視点から



スタッフは女性が多く

また

男性は妻の健康という視点で

興味深い内容でした









充実した時間のあとは・・・


楽しいゲームをしました


さて

何だろう ?



真剣 !!



一番高く積んだのは・・・




こそけんの

この 3 人組でした !

チームワークよく

上手に積み上げていました !





おまけの写真

だーれだ ?