マザリー産科婦人科医院は島根県松江市にある産科婦人科医院です。助産師外来や院内助産システムを積極的に行い、妊娠中から出産、産褥までトータルでサポートいたします。気になる事や心配な事などお気軽にご相談ください

副院長のつぶやき“hot!*ホッと〜”


今朝のワンたち

公開日 : 2014-01-10 / カテゴリ : 我が家のワンたち

昨日の重たい雪と違って、さらさらのこな〜ゆき〜 !!
嬉しそうにはしゃぐワンたち。



私はこれから東京へ

飛行機は飛ぶようです (^-^) V カッタ

海沿いの家から来るスタッフによると、こちらの方が雪が多いそうです。


大吉と小吉

公開日 : 2014-01-08 / カテゴリ : できごと

4 日に院長と初詣に行きました。

おみくじー !

院長は何と「大吉」\ (◎ o ◎)/! 初ではないか〜嬉しそう。。。
実は、還暦だし…きゃっ (/ \) … 言っちゃダメ ?!


私は「小吉」ん〜まあまあ d(^-^) ネ !

少子化と言いますが、いっぱい赤ちゃんが誕生して、素敵な家族が増えますように !


「メディカルズアイ」のコラムが追加更新されました。
http://www.medicals-i.com/category/workers

他の方の素敵なコラムも読めますよ〜。覗いてみてください。



おすすめ本です !



のんの居場所

公開日 : 2014-01-07 / カテゴリ : 我が家のワンたち

のんの本来のハウスはバリケンです。

でもこのドーム型ハウスの上が大好き !



中に潜っていたのに、いつの間にか上で寝るようになりました。
完全につぶれちゃってますね。(- 。-;)


謹賀新年

公開日 : 2014-01-01 / カテゴリ : その他

あけましておめでとうございます
旧年中のご厚情に心より感謝申し上げます

午年ですね !
マザリーは今年も駿馬のように躍動し明るい未来に向かって走り続けます

本年もよろしくお願い申し上げます



留守番が多いけど・・・
今年も 元気に、仲良く、楽しく、いい子でいるのだワン !!

助産師の偏在と不足は

公開日 : 2013-12-30 / カテゴリ : 助産師の専門情報

日本看護協会と都道府県看護協会とが連携・協働して「助産師の出向支援モデル事業」に取り組んでいます。これは厚生労働省看護職員確保対策特別事業で日本看護協会に委託されている事業です。
助産師の就業先偏在と助産実践能力強化支援をめざしています。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.nurse.or.jp/home/innaijyosan/pdf/2013/model-25.pdf

島根県看護協会ではその事業を受け、協議会が立ち上がり、マッチングによるモデル事業が進められようとしています。


ところで島根県の助産師偏在は、全国調査のように助産師が病院に多く診療所に少ない (以下参照) ということもありますが、診療所自体少ないので、どちらかというと地域偏在あるいは分娩数によるものと考えられます。
http://www.nurse.or.jp/home/innaijyosan/pdf/2013/25gakkai-01.pdf

実は、都道府県別の出生数と助産師就業者数で比較すると、島根県は助産師数は不足していないように見えます。しかし各施設の現場では助産師不足を感じています。何故でしょう。
スタッフの産休・育休が集中することも考えられますが、これには混合病棟の問題が大きいと思われます。混合病棟の問題は助産師の働き方に大きく関わることなのです。

日本看護協会では「産科混合病棟ユニットマネジメント導入の手引き」(以下参照) を作成しています。
http://www.nurse.or.jp/home/innaijyosan/pdf/suishin/sankakongo.pdf
本来は産科単科が理想ですが、混合病棟でもせめてユニットマネジメントを導入し、妊産褥婦と新生児が安全・安心した助産師のケアが受けられるよう工夫していただきたいという思いからです。


助産師が助産師としての役割が果たせるよう、私たち助産師自身も利用者 (妊産褥婦と新生児とその家族) のことを考えて現場を変える努力をしなければいけないと思います。出向なども取り入れながら、助産実践能力強化もしていきたいですね。


話しは変わりますが・・・


今年 5 月、金沢で開催された助産学会でマザリーの取り組みをポスター展示しました。春の寒波で寒かったね〜。