マザリー産科婦人科医院は島根県松江市にある産科婦人科医院です。助産師外来や院内助産システムを積極的に行い、妊娠中から出産、産褥までトータルでサポートいたします。気になる事や心配な事などお気軽にご相談ください

分娩・入院



分娩について

分娩予約

分娩の予約については、分娩予約申込書をご記入いただき、分娩予約金 10,000 円を添えて外来時間内に当院受付でお申し込みください。



分娩費用

当院では、費用のお支払いについて、直接支払制度のご利用をお勧めしています。

直接支払制度ご利用されると、退院時の支払いが 42 万円差し引かれます。尚、ご利用に当たっては、事前に意思確認書類の提出と、入院時に有効な健康保険証の確認が必要です。

また、お支払いにはクレジットカードのご使用が可能です (1 回払い・リボ払いのみ)。
ご使用に際して、事前に限度額のご確認をお願いします。

正常分娩 (5 泊 6 日) 50 万円 ~ 55 万円 (時間外、休日割増はありません)
帝王切開分娩 (6 泊 7 日)  60 万円 ~ 63 万円 (保険負担分を含む)

※概算ですので、保険診療の有無、材料費等により金額が異なります。
※入院費には産後 1 か月健診までの外来での指導料が含まれています。
※出産育児一時金 (42 万円) 直接支払制度ご利用により差額のみの支払いとなります。
※入院中の購入品は退院時に精算させていただきます。
※B 型・ C 型肝炎などの感染症の場合、消耗品等の諸経費を加算させていただきます。
※産科医療補償制度掛金は出産育児一時金に含まれています。
※当院での分娩経験がある方は割引特典 (− 2 万円) があります。

個室差額料金および分娩前入院・入院延期料金

広い個室 5,000 円 / 日
分娩前入院 5,500 円 / 日
退院延期 (1 泊) 10,000 円 / 日
※保険適用入院はこの限りではありません。

出産育児一時金とは

分娩・入院費用は基本的に健康保険がきかず高額の自費出費になります。この負担を軽減するために健康保険組合から給付されるのが出産育児一時金です。どの健康保険組合に加入していても、一律 42 万円が支給されます。
受給方法として 2 通りあります。

医療機関等への
直接支払制度
医療機関と合意文書を交わし、医療機関が申請
→ 医療機関に直接支給のため退院時の支払いの負担が軽減されます。
事後申請 医療機関と合意文書を交わし、産後に加入の保険組合に本人 (家族) が申請
→ 本人に支給されるため、退院時の支払いは自己負担となります。
※詳細については、当院受付または加入の健康保険組合までお問い合わせください。

★費用については変更することがあります。悪しからずご了承くださいませ。


産科医療保障制度

制度に加入している分娩機関で生まれた赤ちゃんが、分娩に関連して重度脳性麻痺となり、所定の要件を満たした場合に、赤ちゃんとご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、脳性麻痺の発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に役立つ情報を提供する制度です。
掛金は出産一時金に含まれていますので、書類作成のみの手続きとなります。詳しくは助産師による初期指導でご説明いたします。



マザリー産科婦人科医院
院長 渋川敏彦