Web予約
再診・各種教室

副院長のつぶやき “hot!*ホッと〜”

TOP

「助産師の部屋」更新されました。

公開日 : 2013-11-22 / カテゴリ : 助産師の専門情報
ウィメンズパークの「助産師の部屋」が 20 日に更新されています。
http://blog.benesse.ne.jp/health/nurse/2013/11/post-9.html

今回は世界の助産師について紹介されています。

日本は少子化になり、出産する女性も減少しています。病院ではベッド稼働率や看護職不足などから、産科の混合病棟が多くなりました。
混合病棟では、助産師が他科の患者さんの看護をしながら、出産で産婦さんが入院されると分娩のお手伝いをしています。もし他科の患者さんが重症あるいは手がかかる患者さんだったりすると、産婦さんのお世話の方が疎かにならざるを得ないこともあると聞きます。でもこれはあってはならないことと考えたいですが、調査をすると事実のようです。入院中のお母さんへのケアも同じです。混合病棟では、産後のお母さんに、十分な指導や支援 (ケア) ができない体制です。

日本看護協会では「産科混合病棟ユニットマネジメント導入の手引き」http://www.nurse.or.jp/home/innaijyosan/oyakudachi.html#000 を出版しています。
本来は産科は単科であるのが望ましいですが、混合病棟でも充実した母子のケアをするために活用してもらいたいと作成したものです。

日本の助産師は看護師免許を持っているので、医療機関によっては看護師としての採用となっているところもあるようです。また実際に他科で看護師勤務となっている助産師 (院内潜在助産師) もいます。私は、助産師は女性の一生に寄り添う職業と思います。どこの科で働いていても「助産師」と分かるようにしてもらうと素敵だなと思うのですが・・・。


少子化の問題には、女性が働きながら子育てできる環境整備は勿論ですが、女性が初めの出産でいかに満足して幸せを感じたかということも関係するのではないかと思います。
出産のイメージが悪ければ、もう一人産もうという気持ちにならないのではないでしょうか。
助産師の役割の一つとして「産婦さんと妊娠期から関わり、安全・安心で満足した出産を支援し、幸せを感じて育児をスタートしてもらこと」があります。これが女性のもう一人産んでもいいかな、産もうかな、という気持ちに繋がっていると思っています。

国の施策として、早急に助産師が専門性を発揮する体制を整えてもらわないと、少子化がもっともっと加速すると思います。


『小さいワンコには癒されますね〜』


マザリーのアンケートで「助産師が側にいてくれて出産を乗り越えられた」「もう一人授かったらまたマザリーで産みたい」など嬉しいお言葉をいただいています。マザリーの助産師は産婦さんに寄り添い、安全・安心、そして満足した出産となるよう支援しています。実際ベテランから新卒までいますので、まだ未熟な助産師もいます。しかし一人一人の産婦さん (お母さん) や赤ちゃん、ご家族に対する真心は、どの助産師も変わりません。みんな自慢の助産師です !

レッグウォーマー

公開日 : 2013-11-20 / カテゴリ : こそけん
今週は本当に寒いです。
一気に気温が下がり、松江でも初雪を観測したとのこと、一か月早くないですか ?

さて、私の愛用するレッグウォーマーを紹介します。
これは「イオンドクター」という商品です。こそけんでも取り扱っている商品です。
http://www.coso-ken.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=62&


今日の私の足下です (笑)
ズボンの下にはレッグウォーマーが隠れています。
足下がスースーしなくていいですよ !(^_-)- ☆

マザリーで分娩中に足の冷えのあるお母さんに着用してもらっているところです。膝下からある長いレッグウォーマーを使用することもあります。
夏でもエアコンの中で足下は冷えていることが多いので、年中使用しています。

メリーの子育て

公開日 : 2013-11-19 / カテゴリ : 我が家のワンたち
最初に我が家の家族になったのは、グレートピレニーズ「メリー」です。もう 23 年前になります。

メリーは 3 歳で母になりました。9 匹の赤ちゃんを 3 時間あまりで出産し、誰が教えたわけでもないのに上手に子育てをしていました。
メリーからはたくさんの子育てを学びました。
そしてメリーのお陰で子どもたちも成長したと感謝しています。ありがとうね〜。

メリーは 12 歳半で虹の橋を渡りました。その後、ジェニーとシュガーが天使になって逝きました。お空の上で 3 ワンが我が家を見守ってくれているでしょう。

アクアシモ

公開日 : 2013-11-16 / カテゴリ : こそけん
「アクアシモ (ACQUASSIMO)」とは、除菌・消臭機能水です。ニオイの元となっている菌やウィルスなどのさまざまな微生物を分解し、分解した後は普通の水飲みが残る安全な微酸性電解水です。赤ちゃんにも使えますし、環境にも優しい製品です。
詳しくは
「こそけん」http://www.coso-ken.co.jp/aquassimo.html
または http://www.threeheart.info/ でご紹介しています。

マザリー産科婦人科医院では空間除菌による感染予防として、受付 (待合) とナースステーション前と診察室・助産外来に超音波霧化器でアクアシモを噴霧しています。また哺乳ビンの除菌、濡れた手の除菌など、様々に活用しています。

日本発の製品ですが、外国に技術提供して EU 諸国や北米に姉妹品として「アクアイント (AQUAINT)」が売られています。ロイヤルベビーの誕生では、キャサリン妃の子育てグッズに採用されているようです。英国ではベビー & キッズ業界で輝かしい賞を授与されています。

インフルエンザ、感冒性胃腸炎、ノロウィルスなど流行する季節です。赤ちゃんからお年寄りまで、ペットまで、安全に使用できる「アクアシモ」は、是非、使って欲しい製品です。

マザリー受付の超音波霧化器です。
受付スタッフの感染予防対策にも一役 !

でも油断禁物です。これからの季節は、うがいと手洗いは勿論、睡眠と栄養も大切です (^_^) b

税金

公開日 : 2013-11-15 / カテゴリ : つぶやき
給与の控除項目に年金保険料やら健康保険料、雇用保険料、そして地方税に所得税などありますね。
消えた年金が話題になったころから思っていますが、これってすべて税金ではないのかなと、それなら一括所得税として徴収してもらえないかと・・・。

思いませんか ?

年金保険料も結局は自分の貯蓄というわけではなく、現在支給されている人の費用になっているわけです。健康保険、介護保険料も赤字ですから、何かしら税金から補填されているわけですね。

まとめて所得税とすれば、企業側もややこしい計算が不要になり、また支給される側も分かりやすいのではないかと思います。
支払う税金が多くなるように見えますが、手元に残る (支給) 額は変わりませんし、人は税金の使い道に今まで以上に興味を持つのではないでしょうか。



のん「税金のことは分からないけど・・・屋上の芝生の費用は松江市の助成金をもらったって聞いたよ。夏は冷房が、冬は暖房がよく効くようになったらしいよ。(^_^) v 」

「こそけん」と「プスプス倶楽部」

公開日 : 2013-11-13 / カテゴリ : こそけん
「こそけん」とは「いっしょに子育て研究所」という会社の通称です。利用者さんには「こそけん」で通用するようになってきました。
詳細は、HP をご覧ください。http://www.coso-ken.co.jp

「こそけん」の起業は平成 13 年ですが、その前に「プスプス倶楽部」という子育てサークルの存在があります。

まず、マザリー産科婦人科医院を開院するにあたり、お母さんが出産し、一か月健診を終えたら縁の切れるような産科ではいけない、子育ても応援できる存在でいようと思っていました。そして平成 8 年に「お母さん達の同窓会」と同時に子育てサークルを立ち上げました。サークルを立ち上げる時に、元気なお母さんに声をかけて、賛同したお母さんたちに運営をしてもらいました。名称は応募で「プスプス倶楽部」と決まりました。プスプスとはフランス語で乳母車だそうです。

プスプス倶楽部については、こそけん所長コラムでも紹介しています。
http://www.motherly.or.jp

プスプス倶楽部は「子育て真っ最中のお母さんなら誰でも入会でき、孤独になりやすい乳幼児の子育てを楽しく過ごせるよう、お母さんたちが親睦を図り、お母さんたちが自発的に活動していく会」ということで、多いときは県内外で 500 名の会員がいました。地元のお母さんはイベントやおしゃべりの会に参加できましたが、県内でも遠方だったり県外の会員のお母さんからは、機関誌を読むだけでも楽しみだったと言われました。

年月を経て、お母さんたちにも変化が現れました。自分のことで精一杯でサークルのお世話を負担に思うようになったのです。そうなると「プスプス倶楽部」の理念から離れてしまいますので、活動を最小限にすることにしました。それを手伝う意味もあり起業を考え始めました。時代は IT 化が急激に進んでおり、行政の子育て支援事業も進んできていました。そして「こそけん」はマザリーの廊下の隅に間借りをし、パソコン一台でスタートしました。


通称「こそけん」のキャラクター「ココアン」です。
院長の姪がアニメーターをしていて、彼女が描いてくれました〜。

「プスプス倶楽部」のイメージキャラとロゴです。
今は活動休眠状態ですが、元役員が集まってワイワイすることがあります。子どもたちは大きくなり、お母さんたちはそろそろ幸年期 (更年期) に近づいてきたでしょう。

「助産師の部屋」更新情報

公開日 : 2013-11-11 / カテゴリ : 助産師の専門情報
ウィメンズパークに連載されている「助産師の部屋」が本日更新されています。
http://blog.benesse.ne.jp/health/nurse/2013/11/

昭和から現在までの助産師について書いてあります。

ウィメンズパークのトップページからは分かりにくいとのことですね。
トップページの上にある一覧見出しの右端「病気、健康」のところをクリックします。出たページの中程に「助産師の部屋」という見出しがあります。そこから入れます。

ところで、あなたの身近に「助産師」がいますか。
33,000 人ほどの助産師が病院や診療所で働いていますが、産婦人科でも助産師のいない施設もあります。
また看護師と同じユニフォームで、名札も看護部と記載されているため、助産師なのか看護師なのか分かりにくい病院もあるようです。

知っていましたか。

ある施設では、来院者から「助産師なのか看護師なのか分かりにくい」との意見があり、見分けられるようにユニフォームの色を変えられたという話しもあります。
みなさんが利用しておられる施設ではどうですか。分かりにくかったら、是非、ご意見をお願いします。

ご存じと思いますが、出産の記録「母子健康手帳」の分娩時の記録に、担当した医師・助産師の名前を記載する覧があります。
そこに記載してある助産師は、
お母さん、あなたの出産のお手伝いをした「助産師」です。
子どもたち、あなたが産まれた時、最初に出会った助産師です。

9 月のことですが・・・

公開日 : 2013-11-06 / カテゴリ : できごと
平成 24 年に出産したお母さんたちの同窓会をしました。
毎年スタッフ一同楽しみにしているイベントです。


輪くぐりゲームをしました。
よちよち歩き、ハイハイでの挑戦です。
最初はヒラヒラが怖かったけど、頑張ってくぐれたね〜。

恒例のじゃんけん大会。
院長とじゃんけんで勝負です。勝ち残ったら素敵なプレゼントがあります。


この時期に合わせて帰省してくださったお母さんもいらっしゃいました。
再会できてとても嬉しかったです。

集合写真の発送が遅くなっていて申し訳ございません。
間もなく届くと思いま〜す。

助産師になりたい

公開日 : 2013-11-04 / カテゴリ : できごと
先月のことですが、母校の職業人講話 (高校一年生対象) に参加してきました。
今年で 3 回目になります。OG ・ OB や地域で活躍する先輩が 32 名参加しました。
母校の HP で紹介されています。
http://www.matsuekita.ed.jp/8028.html

私は看護職の「保健師」「助産師」「看護師」について進路の説明と、助産師の仕事の具体的な内容をはなします。
これを聴いて一人でも多く「助産師」になりたいな〜と思ってくれたらいいな〜と考えています。

ところが今年はすでに「助産師になりたい ! 」という生徒に会いました。素晴らしいと思いました。
一緒に助産師として働ける日を楽しみにしています !


はなしは変わりますが、マザリーも開院して 20 年が過ぎ、21 年目になります。
たくさんのお母さんとの出会いがありました。
産まれた子どもさんは、上は大学生です。
お母さんは会っても分かるのですが、産まれたお子さんは出会っても分かりません。
今年も職業人講話で「マザリーで産まれました」と話しかけてくれました。

みんな大きくなったね〜。
おばちゃん嬉しいよ !
高校生活をしっかり謳歌して、素敵な大人になってね。

「助産師の部屋」のご紹介

公開日 : 2013-11-01 / カテゴリ : 助産師の専門情報
8 月末から始まったウィメンズパークでの連載「助産師の部屋」は、毎週更新されています。
9 月は助産師の仕事の紹介とどうしたら助産師になれるのかという話しでした。
10 月からは助産師の歴史を振り返っています。
http://blog.benesse.ne.jp/health/nurse/2013/10/

昔から助産師は住民の身近な存在だったと思います。
今は施設の中にいる助産師が多く、看護師と区別がつきにくところがあります。
「助産師の部屋」を読んでいただき、助産師という職業をご理解いただけたら嬉しいです。


現在、マザリーの助 * 産婦外来 (助産外来) を担当している助産師で〜す。
他、4 名の助産師がいます。
とても元気で明るく、そして優しいスタッフです。
アクセス・診療案内
休診日/木曜日・日曜日・祝祭日
 
午前9:00~12:30
午後16:00~18:00 産後母子検診のみ 14:00~16:00
Web予約再診・各種教室お申し込み
〒690-0017 松江市西津田 2 丁目 12 番 33 号
TEL. 0852-25-8588 FAX. 0852-25-3992