Web予約
再診・各種教室

副院長のつぶやき “hot!*ホッと〜”

TOP
< 次へ 1 2 3 4 前へ >

生まれてきてくれてありがとう

公開日 : 2013-12-21 / カテゴリ : つぶやき
中学生に向けての性 / 生の健康教育 (いわゆる性教育) で伺うときには、生徒に、お母さんやお父さんの「生まれてきてくれてありがとう」というメッセージを伝えます。
また、みんな精子と卵子の奇跡的な出会いで誕生し、みんなのいのちは何兆分の一の大切ないのちなんだよ〜というお話しもします。
思春期のイライラ・モヤモヤについても触れます。

さて、先日の講演の感想文が届きました。
みんなを抱きしめたくなりました〜。

「生まれてきたことが奇跡がと感じました」

「生んでくれたお母さんに感謝の気持ちで一杯です」

「自分の心臓の音を聞いたとき、お母さんが自分を産んでくれなかったら、この音は聴くことができないんだなと、やっぱりいのちは大切だなと思いました」

「自分のいのちは何兆分の一のいのちなので、痛みにたえて頑張っていのちがけで産んでくれたお母さんに感謝して、いのちを大切にしていきたいです」

「クラスのみんなも大切ないのちなんだと思いました。これからはいのちを大切に生きたいです」

「愛の反対は無関心ということ、親や先生がうるさく言うのは愛されていることであって、幸せなことだと思いました」

「思春期の真っ最中で、イライラしたり何もやる気が出なくなったりすることがよくあります。それはいろんな人に支えられているからこそ感じるものだと思いました」

「人との出会いを大切にして、人のいのちを大切にして過ごしたいと思いました」



シュガー (2 年前の秋にリンパ腺腫で虹の橋を渡った) が我が家に来たとき、ローラママとタイクーンパパが車の中から別れを惜しんでいる ? ような写真です。

親の気持ちを知ってか知らずか・・・我が家に来たその日から、シュガーは新しいパパを独り占め〜 (笑)

マザリー教本

公開日 : 2013-12-16 / カテゴリ : つぶやき
マザリーは開院当初から母親教室の資料を手作りし、それをコピーして使っていました。
毎年、新卒の助産師には集団指導用資料の改定版作りが課せられ、入院中の沐浴指導や退院指導、妊娠中の母親教室Ⅰ〜Ⅲのうちどれかを選んで作っていました。
大変なのですが、担当助産師には達成感があったのではないかと思います。

さて一方、資料コピーが大変な作業でした。
そこで一冊の本を作ろう考え、平成 14 年に完成したのが「マザリー教本〜あなたと赤ちゃんのためのやさしいテキスト」です。
当時のスタッフに協力してもらい、とても素敵なテキストになりました。

このテキストを活用しながら、現在は毎年担当者が、講座で使用するパワーポイントや指導内容・方法などを検討しています。

平成 20 年に改定版 (第 2 版) を出しました。
多少の変更はありますが、妊娠から産後 1 ヶ月健診までの内容になっています。母から子へも受け継いでいただけるのではないかと思います。

妊婦さんへのプレゼントにも購入される方もいらっしゃいます。

いろいろありますよ !

公開日 : 2013-12-04 / カテゴリ : つぶやき
今までに思っていることがいろいろあるんですが、それを少しずつつぶやいてみたいと思います。

まず今日は、選挙権について

少子高齢化の中で、当たり前ですが後期高齢者が増えますね。これからどんどん加速してくると思います。先日、議員さんの獲得票は高齢者が多いので、高齢者対象の政策にメスを入れられないということが書いてがありました。

ん〜 ?! いまそれ ?
分かっていたことでしょ !
こんな論文を見つけました。
http://www.isfj.net/ronbun_backup/2012/aa04.pdf#search=

前から思ってましたよ、わたしは。そしてひとりごと。。。

80 歳以上の方は選挙権を返還しましょう。穏やかに安全・安心して老後が過ごせるよう若い人たちがちゃんと考えて政治をしていただければ、それでよろしいと・・・。
そして議員さんは 65 〜 70 歳くらいで被選挙権を返還しましょう。ど〜しても国や地域のために貢献したいということであれば、ボランティア議員として出ていただく・・・。
この案はどーですかね〜 ?

あたしはキャンだよ〜 (^ 。^)
のんは時々ローラの世話をしてるよ。実はローラは迷惑していて・・・のんのお節介なんだけどね。
あたしはあたしよ。マイペースでね。
でものんが悲しそうに泣くと、ついつい一緒に泣きたくなるよ。どうしてかな〜 ?

犬には選挙権はないんだ。子どもの数よりペットの数が増えている !! ペットにも選挙権くれるのかな〜 (- 。-;)

感動

公開日 : 2013-11-25 / カテゴリ : つぶやき
先月の母校の職業人講話について、生徒の感想文が届きました。

「医師として島根に残って頑張りたい」
「助産師は女性の一生をサポートする仕事だと分かった」
「助産師は医師のアシスタンではない」
「大変な仕事だけれどやりがいがあると感じた」
「DVD では命の誕生に感動した」
「命をあずかる責任を背負っている仕事だと分かった」などなど

全文を出せないのが残念ですが、熱心に聴いてくれていたことを改めて感じることができました。
看護職について理解をしてもらい、一人でも多く看護への進路をめざして頑張って欲しいです。
そのうちの何人か、助産師になってくれると嬉しいです。

「高校生のお姉さんたちが、たくさん助産師をめざしてくれるようだね。未来の島根、いや日本は大丈夫だね ! 」

税金

公開日 : 2013-11-15 / カテゴリ : つぶやき
給与の控除項目に年金保険料やら健康保険料、雇用保険料、そして地方税に所得税などありますね。
消えた年金が話題になったころから思っていますが、これってすべて税金ではないのかなと、それなら一括所得税として徴収してもらえないかと・・・。

思いませんか ?

年金保険料も結局は自分の貯蓄というわけではなく、現在支給されている人の費用になっているわけです。健康保険、介護保険料も赤字ですから、何かしら税金から補填されているわけですね。

まとめて所得税とすれば、企業側もややこしい計算が不要になり、また支給される側も分かりやすいのではないかと思います。
支払う税金が多くなるように見えますが、手元に残る (支給) 額は変わりませんし、人は税金の使い道に今まで以上に興味を持つのではないでしょうか。



のん「税金のことは分からないけど・・・屋上の芝生の費用は松江市の助成金をもらったって聞いたよ。夏は冷房が、冬は暖房がよく効くようになったらしいよ。(^_^) v 」
< 次のページ 0 1 2 3 4 前へ >
アクセス・診療案内
休診日/木曜日・日曜日・祝祭日
 
午前9:00~12:30
午後16:00~18:00 産後母子検診のみ 14:00~16:00
Web予約再診・各種教室お申し込み
〒690-0017 松江市西津田 2 丁目 12 番 33 号
TEL. 0852-25-8588 FAX. 0852-25-3992