Web予約
再診・各種教室

副院長のつぶやき “hot!*ホッと〜”

TOP

ICM アジア太平洋地域会議・助産学術集会

公開日 : 2014-05-29 / カテゴリ : 助産師の専門情報
「2014 年第 30 回 ICM3 年毎大会 (チェコ・プラハ) 6/1 〜 5 」が間もなく開会します。

その前の理事会において・・・来年、2015 年 7 月 20 日 (月) 〜 22 日 (水)
「第 11 回 ICM アジア太平洋地域会議・助産学術集会」が横浜で開催されることが決定しました〜 !

というニュースが入ってきました。

詳細については http://www.icmaprc2015.org/ をご覧ください。

ご案内のポスターも貼り付けます。
プリントアウトして、皆さまにお知らせくださると嬉しいで〜す。

現場の助産師には、外国まで学会に出向くという機会はなかなかありません。
少ない人数で、忙しく働く助産師にも、国際学会に参加するチャンスではありませんか。

雰囲気を味わうという参加もありますが、是非、発表しませんか。
また助産学生も、卒論をここで発表しましょう・・・誰にでもできる経験ではありません。
チャンスです !

ワクワクしてきますね〜 (^_-)- ☆

過去ママたちの同窓会

公開日 : 2014-05-27 / カテゴリ : できごと
先日、マザリーで出産した過去ママと会いました。

過去ママといっても、今もママですが・・・ (笑)

平成 8 年に「プスプス倶楽部」という育児サークルを作りました。
近くの会員だけでなく、機関誌を受け取るだけの県外会員もいました。多いときには 500 名以上いましたね。

お世話をしていたメンバーが、今でも繋がっているんですね〜。

とても久しぶりに会うママもいて、昔話に時間を忘れてしまいました。

(顔をモザイクにしようかと悩みましたが・・・みなさんお許しを・・・アップしてからでごめんなさいですが、モザイク希望は追って連絡くださいね !)


今回は急遽の集まりでしたが、子育てが一段落したママ同士の集まるのもいいね〜。

これを見て、連絡を取りたい過去ママやプスプスメンバー、マザリーまでご一報くださ〜い。
連絡取り合って、過去ママ同窓会しようかな〜。

サラリーマン川柳

公開日 : 2014-05-23 / カテゴリ : つぶやき
第 27 回サラリーマン川柳のベスト 10 が発表されましたね。

http://event.dai-ichi-life.co.jp/company/senryu/27th/best_10.html


好きなんですよ・・・

今回の第一位、皆さんはどうでしたか。思わず笑っちゃいますね。

「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」(^0^;) ・・・・私のことか ?


みんな上手く言葉を並べてくれて・・・

「わんこより 安い飯代 ワンコイン」・・・あらら〜ある意味うちも ?


「妻不機嫌 お米と味噌汁 お・か・ず・な・し」・・・これは熟年夫婦でしょうね〜。

最近の夫は家事は得意ですよ ! 自分で調達できちゃいますね (笑)





ワンも笑いますが・・・

笑うって大事ですね。

「一日 5 回笑いましょう」とは、笑い塾の高柳和江先生のメッセージです。

http://www.waraijuku.com

笑うっていいですよね !

家族が笑顔で楽しく過ごす時間がありますか ?

時間に追われていて余裕がなかったという方、サラリーマン川柳で笑ってみては ?

思春期の情報は

公開日 : 2014-05-21 / カテゴリ : 助産師の専門情報
助産師は「リプロダクティブヘルス / ライツ」の専門職です。
「リプロダクティブヘルス / ライツ」とは「性と生殖の健康 / 権利」と訳されています。
つまり「家族計画・母子保健・思春期保健を含む、生涯を通じた性と生殖に関する健康」ですね。

女性の一生に寄り添う助産師は、あらゆる場面での支援者でなければならないと思います。
そのためには、いろいろ自己学習も必要です。


私が情報を得るところは、

まず「日本家族計画協会」通称 :JFPA と呼びます。

http://www.jfpa.or.jp


そして〜「紳也’ s 」泌尿器科の岩室紳也先生です。

http://homepage2.nifty.com/iwamuro/

水谷先生の本も、たくさん読みました。

思春期は「性教育」と思いがちですが、「性」は「生」なしでは語れませんし、「生」は、本来「死」を知らずしては語れないことだと思います。

他にもお勧め本がありますが、またの機会に写真をアップしましょう。


私は「生 / 性の健康教育」として講演活動をしています。
夏休み前や卒業前に、希望されるところが多いです。
個人では看護協会から派遣されて「看護出前授業」、こそけんが窓口での「出張講演」などをしています。

そして「TGA: ティガ」という若者の生 / 性について一緒に考える会といって、マザリーの助産師が主なメンバーで活動をしています。こちらは講演活動とキャンペーン活動をしています。

そして〜
助産師会という会があります。「島根県助産師会 」http://www.josanshimane.com
各都道府県にあり、日本助産師会と連携して活動をしています。

こちらでは「バースデープロジェクト」という「いのちの出前授業」をしています。
今年度は助成金をもらって、出前授業に力を入れています。
この出前授業は、保育園から高校まで、どこでも対応できるバージョンがあることが特徴です。

頼んでみようかな〜という方は、是非、お問い合わせください。

タッチ ! タッチ !! ・・・タッチ !!!!!

公開日 : 2014-05-13 / カテゴリ : 我が家のワンたち
「のんちゃん、タ〜ッチ」というと、前足でタッチします。

ん〜上手。

のんちゃん、タ〜ッチ !

のんちゃん、タ〜ッチ !





のん : もう止めていいですか〜。パパがしつこいんですけど・・・。

講演会のご案内

公開日 : 2014-05-12 / カテゴリ : 子育て
男女共同参画フォーラムのチラシです。

相談メールの返事について

公開日 : 2014-05-07 / カテゴリ : その他
よくメールでの問い合わせ、相談があります。

その時に、困ることがあります。

それは返事を書いて送信しても受信拒否されること !

別の連絡方法が分かる場合は対処できますが、受診もされていない方からのメール拒否は対応できません。(>_<) ゞ


先日も院長が「返事を出すんだけど届かない〜」と・・・。

どうしようもないですよね。(- 。-;)

この場を借りまして、メールしたのに返事がないと思っている方、決して返事をしていないのではく、返事のしようがないことをお伝えいたしま〜す。\ (__)

東北応援の定期便、お花のお取り寄せを頼んでいます。
4 月に届いたミニペラルゴニウムの「エンジェルアイズ・ビオラ」という花です。

生産者は福島県のフローラハシモトさん、まだ若いご夫婦のようです。ガンバって !!

「助産師の部屋」の納まり場所

公開日 : 2014-05-06 / カテゴリ : 助産師の専門情報
昨年 8 月から今年の 3 月まで、ウィメンズパークに「助産師の部屋〜助産師ってなぁに ? 〜」が連載されていました。
日本看護協会の福井トシ子常任理事、助産担当者が書き綴っておられました。

過去ブログのリンクもまだウィメンズパークの方に飛ぶようですが、日本看護協会のホームページにまとめられておりますのでご案内いたします。

http://www.nurse.or.jp/home/innaijyosan/room/index.html

助産師職能の取り組みや、いろんな情報にリンクするようになっているので、より分かりやすいと思います。是非、覗いてみてください。

のん : んっ ! 遊んでくれる ?

のん : あっ違いましたか・・・誰も相手をしてくれなくて退屈だな〜。

メモリアルパーク

公開日 : 2014-05-03 / カテゴリ : 我が家のワンたち
久しぶりにワンたちのお墓参りをしました。

代々の我が家のペットたちが眠っています。

ゴールデンウィークだから誰もいませんね〜。

やはり整列しての写真は撮れません (>_<) ゞ

動物病院で予防注射とフィラリアの薬をもらった帰りに、思いついて向かったのでお花がな〜い・・・

これは何年か前に摂った写真で〜す。(^ ◇ ^;)

助産師として情報共有しましょう

公開日 : 2014-04-30 / カテゴリ : 助産師の専門情報
昨日は、島根県助産師会の総会と研修会がありました。

参加できなかった助産師のみなさん、情報を共有しましょうね〜 (^_^) v

改定されています。
助産所だけでなく、院内助産でも参考になりますので、ご活用ください。

http://www.midwife.or.jp/pdf/guideline/guideline.pdf


研修は、「災害支援とこころのケア〜知って役立つ知識と技術〜」日本赤十字社島根県支部の河野参与 (助産師) 直々の講演と演習でした。
いざという時の大切なことをたくさん学びました。
まず自分自身を守らなければなりませんが、この知識を妊産婦をはじめ地域の人に伝えることも私たちの役割と思いました。


以前にも掲載しています。
施設では、この日本看護協会の冊子を参考にしてマニュアル作成をして欲しいです。

http://www.nurse.or.jp/home/innaijyosan/oyakudachi.html#02

火災のためのマニュアルや避難訓練は以前からありますが、地震の対応はできていますか。
震災を経験された看護部長さんの講演で「訓練をしていなければ動けません ! 訓練が大切です ! 」と話されていました。
シミュレーション訓練を定期定期にすることが大切です。

よく高齢者・障がい者・乳幼児は弱者と認識され、そのように対応もされています。
実は、妊産婦や乳児を抱える母親も弱者です。
もし、災害が起こったら、助産師が「助産師はここにいます」と分かるように示してあげてることも大切ですね。
アクセス・診療案内
休診日/木曜日・日曜日・祝祭日
 
午前9:00~12:30
午後16:00~18:00 産後母子検診のみ 14:00~16:00
Web予約再診・各種教室お申し込み
〒690-0017 松江市西津田 2 丁目 12 番 33 号
TEL. 0852-25-8588 FAX. 0852-25-3992